アレルギーを楽しむ子育てin福岡     Happy allergie life
2016年11月14日

乳・卵・小麦・ピーナッツアレルギーっ子とディズニーランド旅行 準備編

乳・卵・小麦・ピーナッツアレルギーっ子達を連れてディズニーランドに行ってきました!
IMG_20161109_145817.jpg
東京に住んでいた頃に何度も行っていたのですが、アレルギーっ子達を連れて行くのは初めてのこと。
半年前頃から色々と準備をしていました。

心配なのはもちろん食事のことです。

今までも旅行や帰省などで長期の食事を持っていくことの準備には慣れていますが、今回はディズニーランド。

可愛いものや美味しそうなものがたくさん!!
食べたいな〜・・・、いいな〜・・・と思うことが多くなりそうです。

安全に楽しめるように色々調べました。

ディズニーランドのホームページから食物アレルギーの検索ができます。
とても細かく設定でき、またビジュアルで分かりやすいので大変ありがたいです。
→ディズニーランドアレルゲン情報はこちらから

そしてとってもメニューが多い!
低アレルゲンメニューがとっても多い!
そしてちゃんとミッキーを形どったりしてあるんです。


喜びそう^^
長女はチュロスを食べたいようで、
「この長いのは食べられる?ダメ??じゃあ、ママが作っていってくれればいいね!それを食べようよ!」といっていました。
チュロスなら作れそうなので、アレルギーの持ち込みのことを確認して持って行きました。

結局、出番はありませんでしたが、米粉チュロス(小麦、乳、卵なし)
IMG_20161108_190429.jpg
(まっすぐに作るのが難しかった!!コツをつかんできた頃には終わり・・・)


出発前に細かいことを聞こうと電話をかけたのですが、
食物アレルギーに関する専門の部門があり、そちらからお電話を折り返していただいて細かく色々なことを聞くことができました。

部門になっていて、専門知識のある方が細かく答えてくださるというのはとても心強いものでした。
そして、リスクの説明や当日の動き方まで教えてくださり、アレルギーのある人も楽しめるように、というパークの考え方にとても感銘を受けました。

ほとんどのことはホームページで確認出来る事なのですが、
電話してみてわかったのは「ポテトだけを揚げているお店がある」という事でした。
油の共有がないので、乳や卵のコンタミの恐れが少なく、食べられるだろうという事でした。

もちろん個人差がある事なので、絶対ではありません。
日によって違っている事もあるそうなので、購入前に「今日はポテトしか揚げていませんか?」と確認して下さい、との事でした。


でも「ポテトは無理だろうな〜」と思っていたので嬉しかったです。


<作ったもの>

備えあれば・・・ということで色々と作っていくことにしました。

これまでもお出かけ先で「何も買えるものがない・・・」となることがないように、子供達が悲しい思いをしないように、いつも多めに準備しています。

作ってさえいれば、もし食べる機会が出てこなくても安心して過ごせる気がします。子供達が喜ぶ顔をみたいですもんね。

また、お出かけ先ではいつもより過敏になったり、普段食べられているものが食べられなくなる・・・ということもありえます。

そういった時のために、色々と作ったものも持参しました。
ディズニーランドに飲食物の持ち込みは禁止されています。
今回は食物アレルギーのため、事前に電話確認をして持ち込みの許可を頂き、お店でもキャストの方に確認後食べさせています。


・外食続きになるので、行きの飛行機では手作りのランチボックス風お弁当
(うちの子供達は、外食が続くとアレルギーが出やすくなります)
IMG_20161109_114907.jpg

・乳・卵・小麦不使用米粉のチュロス
IMG_20161108_190429.jpg

・ミッキー&ミニーの乳・卵・小麦不使用米粉クッキー
(子供には内緒で驚かせたかったので、買ってきたもののようにラッピングしました)IMG_20161108_015056.jpg

・乳・卵・小麦不使用ミニーちゃん米粉パンと米粉パン色々
(ミニーちゃんはハンバーガーにできるように半分にカットして冷凍しておきました)
IMG_20161106_202706.jpg
IMG_20161106_202652.jpg

・モスバーガーの米粉マンゴーケーキ
(マンゴーを外して冷凍して持って行きました)
IMG_20161109_181013.jpg

なるべく、持ってきたということを感じさせたくなく、子供には内緒でこっそり作って持って行きました。
ミッキーやミニーちゃんの形のものを食べている人を見ると羨ましく思うかな〜と思い、クッキーを作りました。
型はセリアで購入したのですが、厚めの生地で作ったらとっても綺麗にできてびっくり!
みんなで楽しく食べられました^^

市販品で持って行っていたものはこんな感じでした
涼しくなったとはいえ、なるべくリスクを避けたいのでレトルトも活用しました。
レトルトもまだ食べられなかった小さい頃に比べると、こういうものを使えると心強くて安心でした。
ハンバーガー用に持参し、ミニーパンに挟んでミニーラッピングで包んでおきました。

この頃、コンビニのおにぎりが食べられるようになったので便利になりました。いざという時にどこでも買えるものがあるというのがとてもありがたいことですね。

*乳アレルギーでも食べられる!豆乳ソフトクリームに感動編 

*アレルギーっ子とディズニーランド!乳・卵なしのメニューは?当日編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。