シャトレーゼのアレルギー対応クリスマスケーキとグランドマスターズカフェでアレルギー対応ランチ

今年のクリスマスケーキはシャトレーゼの乳、卵、小麦なしケーキを注文しました!
IMG_20161224_185147.jpg
なぜかずっと反応が出ていたシャトレーゼのケーキ。
7大アレルゲン対応だし、大豆もほとんど大丈夫になってきているのになぜか反応が出ていました。

小さい頃には油や砂糖、添加物のようなものにも反応が出ていたんだと思います。
比較的アレルギーの少なめな次女でも反応が出ることがあり、よくよく考えてみると添加物や油、砂糖の入っているもので赤くなっているようでした。
アレルギー反応の蕁麻疹とは違い、ついた部分もしくは口周りが赤くなる、という反応なので「絶対食べられない!」というほどでもないのですが、「やめておく方が無難」と判断していました。
そういうことは続くと、食べられるようになっていたものにアレルギー反応が出たり、肌の調子が悪くなってしまうことに繋がっていたからです。

シャトレーゼのケーキを秋頃に食べる機会があり、「きっとダメだろうな・・・」と思っていたのですが大丈夫だったんです!
しかも乳なしのチョコレートプレートも付いていてとっても美味しい&嬉しい。

クリスマスケーキは毎年手作りにしていたのですが、今年は購入することにしました。

本当はイオンのキャラクターケーキが買いたかったのですが、いろいろ悩んでいるうちに即売り切れ・・・
なんとか間に合ったのがシャトレーゼでした。助かりました。

クリスマスの日にケーキ屋さんにケーキを買いに行くというのも子供達にとっては初めてのこと
ワクワクしながら楽しそうにしていました。

イチゴのデコレーションは長女作です。

意外と綺麗に並べたがってびっくり!
そういう一面もあったんだ・・・と。


料理は「大きなチキンがいい!」ということで子供達にもこのサイズで作りました。
IMG_20161224_181751.jpg
IMG_20161224_183350.jpg

 

一番人気だったのがスパゲッティミートソース
IMG_20161224_183124.jpg

グルテンフリーヌードルも、この頃美味しいものが増えましたね!

色んなところで、手頃な値段で買えるようになりとても助かっています。

みんなからプレゼントをもらって、サンタさんも来て、ケーキを次の日も食べて・・・・

とっても楽しいクリスマスになりました!

それから、新しくオープンしたグランドマスターズカフェ百道にランチへ行ってきました。
お子様ランチもアレルギー対応して頂けるということでお願いしました。


お電話で事前に相談をしていると、お子さまランチの量は小学生の子ども用くらいの量ということでした。
子供が小さいので二人で食べさせようかと思っている、と相談したところそのままの量でデザートも二つ付けて用意して下さいました。

今回、小麦がだいぶ食べれるようになってきたので、除去は乳と卵でお願いしました。

油の共有は難しいとお伝えしたところ、新しい油で揚げてくださるということでありがたかったです。


その卵・乳除去アレルギー対応お子様ランチがこちら
IMG_20161229_112123.jpg

豪華なんです!これに大きなフルーツゼリーが付いていて、ご飯やパン(これは食べられなかったので許可して頂いて持ち込みました)サラダバーやドリンクバーもありました。

こんな『ザ・お子様ランチ』を食べたことがなかった長女は大喜び!

「全部食べられる?食べていいの?」と聞きながらバッチリ食べました。


ハンバーグの予定でしたが、これは乳が入っていたので自家製のビーフシチューにして下さいました。


唐揚げはチキンステーキにして下さり、エビフライは乳卵なしとのことでしたが、もし衣をつけるときに卵が入っていたら・・と思い、一応次女には食べさせず長女が全部食べました。


この頃、長女は小麦の減感作療法に集中していたので、卵はしばらくお休みしていました。

3歳頃に一応全卵の4分の1くらいまでクリアしていたのですが、どうも食べると反応が出るような・・・。
次女の卵アレルギー(重篤)なこともあり、小麦から進めていました。

ただ、本人がどうしても「卵の白いところが食べてみたい!!」と泣いて言い続けるので冬休みで時間もあるし、試してみようということになりました。


そんな風に泣いてまで何かが食べたいということはあまりない上、食べられるものの可能性が高いので試してみようと思いました。


自分にいつも余裕がなく、長女に卵を食べさせると食べこぼすので一口ずつ食べさせる、口から出るので食後に歯磨き手洗いの徹底・・・というのが次女の前でなかなかできずにいます。


それは次女に対する乳製品も同じで、こちらは長女の幼稚園中に二人だけの時に少しずつ進めているのですが、長女の卵に関しては、自分に余裕があるときでないと二人ともにリスクがあるような気がして進めていませんでした。


でも言い訳だな〜・・・と。


もっと食べられるものは食べさせていかないといけないし、食べさせてあげたい。


それで試したところ、まったく問題なく目玉焼き(かなりしっかり焼いて更にチン)の黄身を全部と白身も4分の1くらいまで食べられました。

そのことがあったので、エビフライももし卵が付いていても長女は大丈夫だろうと思いました。

結局、何も反応が出ずにお腹が苦しくなるまで食べることができました!!!

お店の方は本当にとても親切で、電話の時もお店でも優しく対応して下さいました。

長女は「美味しかった!!ママの作るご飯と同じくらい美味しかった!!また来たいよ〜!!」と大喜びでした。
また絶対来よう!!と思いました。

大人のランチもとっても美味しくて、雰囲気もいいしオススメです。

次女がはしゃぎすぎて、食べない、動き回る、ジュースやゼリーばかり欲しがって泣く、飲みすぎてトイレばかり・・・というかなり大変な状態で落ち着いて食べられませんでしたが・・・・。


小麦使用の製品が多いので、パンは米粉パンを焼いていきました。
ミニーちゃんにしていたので喜んでいました。
IMG_20161229_075430.jpg

先日、ガストの低アレルゲンメニューを食べた時には何かに反応が出ました

以前行った時にも出ていて、低アレルゲンだから大丈夫だろう、とお店を選んだのですが添加物とかなのかな??と感じています。

今日のお店も添加物などはあるかと思いますが、ビーフシチューは手作りということでしたし、ステーキやケチャップライスも手作りでした。

この頃の長女の反応は、アレルゲンはもちろんですが、添加物のような気がしています。

そして、やっぱり乳の負荷試験に進んでいこうと改めて思いました。

5歳になるまで待とうと思っていましたが、もしほんの少しでも取れるようになっていけば、とりあえず危険が少しでも減る状況になれるのなら進めていける状態にあるのなら、怖がっていないで進めてみないといけないと思いました。

同じくらい重篤な子でも半分は微量なら食べられている、との主治医の先生の話。


「でもうちは無理と思う」と決めつけていましたが、お友達で乳クラス5の子が着々と食べられるようになっていっているのを見て、進められるのなら試してみないといけないなと思い予約を取りました。


ずっとずっと試すこともできなかった乳の負荷なので、本当にとても怖いです。


子供に苦しい思いをさせてしまうかもしれない、本当に怖いです。


でももしかしたら、その先に少しでも進めるかもしれない。


試してみないとわかりません。


焦るつもりはありませんが、段階を追った負荷の重要性をとても感じてきました。

二月頃からまた、初めてみようかと思っています。

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ゆうママ より:

    こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。
    福岡市早良区在住の卵乳アレルギーの子を持つ母です。
    ゆんちゃんママさんのブログ、何度もチェックし参考にさせていただいています!
    筑紫野のマルシェクリームに近いうちに行こう、と楽しみにしていたところ、閉店とのことを知り、とっても残念に思います。

    息子は卵クラス6.乳クラス4です。
    どちらも少量でもアナフィラキシーを起こします。
    これまで救急車にもお世話になりました。
    2歳上の姉はアレルギーがないものですから、食卓で混入ないように、と気を張る毎日です。

    同じ福岡在住ということもあり、勝手に身近に感じております 笑

    よろしければ今後も情報交換などさせていただけるとありがたく感じます。
    よろしくお願いします。

    • ゆんちゃんママ より:

      >ゆうママさん

      コメントありがとうございます^^
      わ~!とても近いですね!嬉しいです♪
      そうなんです。マルシェクリームさんは子供たちも大好きだったので本当に残念です。
      また何か新しいことを期待して待ちたいなと思っています。

      息子さん卵・乳の両方でアナフィラキシーなのですね。
      アナフィラキシーはとても怖いですね…
      救急車、お辛かったでしょうね。

      我が家の場合、娘たちは二人とも同じアレルギーです。
      程度は違いますが、除去したものを子供用として作って、長女だけ卵黄を負荷したり…としています。

      それでも卵黄を負荷したときには、子供の手洗いやうがいなどにとても気を使います。
      家族全員をアレルギーのない食事に合わせるのにも挑戦しましたが、栄養面から難しいなと感じました。

      娘さんにはアレルギーがなく、息子さんにはアレルギーがあるというのは料理面でも混入の面でも
      とても大変なことでしょうね。
      少量でも反応…となると尚更のご苦労だと思います。

      私も身近に感じてとても嬉しいです^^
      はい!ぜひぜひ宜しくお願いします♪
      つたないブログですが、ぜひまた遊びに来てください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。