ファッションデザイン教室について

文化服装学院を卒業後、ずっとレディースファッションデザイナーとして勤務してきました。

子供服に触れる機会が増え、自分の理想とする子供服、欲しい子供服が明確になってきました。

現在はキッズウェアやスイムウェアなどのデザイナーをしています。

 

正直なところ、縫う事はあまり好きではありません。

パタンナーを兼任している時期もありましたが、パターンもあまり好きではありません…

 

好きなのはやっぱりデザインする事です。

苦しくて悩みますが、やっぱり好きです。

 

デザインに正解はありません。

仕事となると「売れる」「売れない」という点が重要になってきますが、

自分の子供達に作って着せる服に正解はないと思います。

 

「自分のイメージしていた通りの服に仕上がったか」

という点が満足度のポイントかなと思います。

 

 

服のデザインは紙の上に描いた絵だけではなく、実際に使用する生地、分量、丈、色、縫製…

様々なバランスで成り立つものです。

 

基礎的な知識と経験はありますが、縫製のプロではありませんし、パタンナーでもありません。

でも、だからこそ手軽に家で再現できるパターン応用や縫製方法をレクチャーできます。

 

そして、デザインを一緒に考え、その形を表現し、より良いものクオリティの高いものに仕上げるポイントを知っています。

 

丈のバランスやフレアー分量の決め方

生地によって表現できるデザインやシルエット

トレンドの組み込みかたと表現方法、色の組み合わせと生地選びなど

長年培ってきたファッションデザイナーの経験を生かした洋裁教室ができればなと思っています。

 

「楽しく簡単に思い通りのデザインを」

自分でデザインした服を楽しく作る、デザインに重点を置いた教室をやってみたいと考えています。

 

そしていつか子供達とファッションデザインワークショップやファッションショーなどやってみたいことがたくさんです。