子供の喘息とアレルギーのダニ対策は カーペット?フローリング?無印のキルティングラグを購入

季節の変わり目で小児喘息の出やすい時期になってきました。

長女も次女も軽い小児喘息があります。アレルギーもありますので、ダニ対策には気を使います。

この頃、体調を崩しているので喉の痛みや咳を長引かせていました。
今日は次女が「喉が痛い〜!喉が痛い〜!!」と泣き叫んで、唾を飲み込まずダラダラ吐き出していました。

咳のしすぎで喉が枯れているのかな?と思いましたが、あまりの量と叫びだったことと、幼稚園で色々と病気が流行し始めていたので念のため急患センターに連れて行きました。

結局、普通の風邪でした。ほっ。
体調も安定したので、今日はラグを買いに行きました。

 

ずっと床に敷いてきたジョイントマット。
全面に敷き詰めていました。

長女のアレルギーとアトピーがわかる前は。ハイハイしても痛くないようにとカーペットを敷いていました。

顔じゅうが赤くて痒がり、原因不明と言われてステロイドを塗っては治って、止めては出て・・・
毎日機嫌が悪く、顔をかきむしっては血が出て荒れて、泣いて泣いて・・・

私は始めての子育てで、子供はこういうものなのか?と思いながらも、病院で言われたことを守って日々過ごしていました。

今思うと、かゆくて気持ち悪くて機嫌が悪かったんですよね。

次女は全然そんなことがなく、アレルギーはあってもアトピーがないので皮膚コントロールもとても楽でした。

そして、原因不明の赤みは母乳の除去をしても減ることはなく
アトピーのことを調べるうちに「アトピーにカーペットはダメ」ということを知りました。

ダニがアレルゲンとなり、アトピーにものすごく悪いこと。
ダニの温床となっているのがソファやベッド、布団やカーペットであること。

画像などを見ていると本当に恐ろしくなって、
「なんでこんなものを敷いてしまっていたんだろう!」と痒がる娘を見て反省しました。

すぐにカーペットを捨てたのですが


フローリングのままだとハイハイが痛い。

頭を打つのも心配だけど、ラグやマットも敷くのが怖い。


きちんと手入れをすれば大丈夫なのかもしれませんが、当時の私は原因となるもので取り除けるものは全て排除したかったんですね。

それで悩みに悩んでジョイントマットを敷いていました。

埃対策などは必要ですが、布製品でないことで少しはましかと考えたからです。

布団やマットレスも買い換えました。
シーツも買い換えて布団乾燥機も買いました。

それからずっとお世話になっていたジョイントマット。

いよいよ次女も3歳に近づき、マット自体もボロボロになってきたことと、ジョイントマットの下にどうしてもゴミや食べこぼしが落ちてしまうことで買い換えることにしました。

ただ悩むのが、アレルギー、喘息持ちの子供達なので床に何を敷こうか?ということでした。

とにかく「毛足の長いもの」「ループになっているもの」「分厚いもの」は避けようと思いました。
ダニがひっついて掃除機で吸取り辛いものは避けようと。

気管支喘息の主な原因はハウスダストとダニと言われています。

ハウスダストはダニの死骸ですし、死んでからもなお、原因物質になるなんて、困ったもの・・・

ダニをなるべく減らせるような工夫と、毎日の掃除が大切になってきますね。

実際、我が家は敷布団の買い換えをしたことで夜中の咳と、目を掻くことががかなり減りました!
敷布団もすごく悩んだのですが、今決めたものにしてよかったなと思います。

シーツもアレルギー用のものにしたのですが、これも大正解。

ものすごく高いものでなくても、我が家では効果がありましたよ!
旅行先や帰省にも持って行っています。

 

喘息の対策としては「掃除をする」こと。

毎日の掃除が楽にできるようにするには
「部屋の中のものを極力減らすこと」でしょうか?

ものが多ければ埃もたまりますし、掃除もしづらいです。

「なるべくものが少ない状態にしておくこと」
「ダニをしっかり吸い取れて、それを逃がさないフィルターのある掃除機を持つこと」
「風通しをよくすること」で我が家は対策しています。(でもあんまり徹底できていません〜・・・・)

湿度の高い状態だとダニが増えてしまいますので暖かく湿度が高い状態になるべくならないように気をつけています。

喘息やアレルギーっ子の床の理想はフローリングなんだそうですね。

埃が舞い上がるのでよくない、という説もありますが、ダニの観点からするとカーペットにはフローリングの10000倍はダニがいる・・・という本も見たことがあります。
畳も100倍
くらいということで、子供が小さいうちは転倒対策も考えないといけないですし悩むところです。


布団や絨毯、カーペットなどは1mx1mの範囲を20秒以上の時間をかけて掃除機をかけることがいいと書かれていました。

表と裏からしっかりかけると、かなりの重労働になります。

水洗いできるものは洗うことでダニは死滅しますが、死骸が残るのでやはり掃除機かけはマストですね。

そうなると掃除機の性能が重要になります。

この頃は布団用の掃除機も多くなってきたので嬉しいですね。

寝具は天日干しも効果的と言われています。
同様に布団乾燥機などで高温にすることでダニを死滅させられます。

注意しなければいけないのが「布団は叩かないこと」

昔からの習慣でついつい叩いてしまっていましたが、これはアレルギー対策には逆効果です!

叩くことで奥の方にいたダニや死骸が表面や表の方に浮いてくるので逆効果となります。
それよりも掃除機かけでしっかりアレルゲンを吸い取ることが効果的と言われています。

埃が出にくいこと、洗えること、なるべくダニが住みにくいものであることがフローリング敷きの条件でした。

 

本当はかわいいラグや気持ちの良い厚みのあるラグを敷きたい!!

 

子供が生まれる前まで敷いていたラグも気に入っていたので未だにとってあるのですが、出すのが怖いような・・・

今回は無印のキルティングマットを買いました!(コタツ用みたいですが・・・)

綿ななこ織抗菌洗えるキルティングラグ/ネイビー こたつ下敷兼用

無印ネットはこちらから

 

水洗いできることと、綿であること、さらっとしていて汚れが目立ちにくそうなことから選びました。
厚みはそこまでないですがフローリングよりはいいです!

冬に向かって、ダニ対策、布団の掃除機かけ頑張ります〜〜〜。

 

*7大アレルゲン不使用!グルテンフリー米粉100%パンのまとめ

*ファーストシューズ(次女)ベビーフィートとアティパスの違いは?口コミも

*アレルギー対応のクリスマスケーキ!2017年版 7大アレルゲン不使用

 

 



ゆんちゃんママ

乳・卵・ピーナッツアレルギーっ子の子育て奮闘中。 子供服ブランドのデザイナーをしています。 毎日を楽しくハッピーに!子供達の笑顔が大好きです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。