アレルギーを楽しむ子育てin福岡     Happy allergie life
2017年10月1日

子供の腕骨折に服がない!大慌ての西松屋とごぼうの唐揚げは持てないと言う主張

長女5歳がおととい腕を骨折してしまいました

昨日までは本当にきつそうで痛そうで、痛み止めを飲んでもやり場のない痛みに苦しんでいて、本当にかわいそうでした。
できることなら変わってあげたい、少しでも早く痛みが引いて欲しい、時間よ早く過ぎて!とそんな1日でした。

今日は通院の日でしたが、外出できるような調子になっていて、気分も変わったからか少し元気が出てきました。
痛み止めを飲まなくても過ごせる時間も増え、お絵描きもするようになりました。

まだまだ完治は先ですが、少しずつでも痛みが減ってきていることに少しホッとしました。

 

ところで腕の骨折をすると、服を着るのがすごく大変ですね!

 

前開きの服で、袖の広めのもの、できれば伸縮するものいいなと思い、病院の後子供たちを主人に預けて買いに行くことにしました。

パジャマも服も全然そういうのは持っておらず、洗い替えにも、週明けから幼稚園に着ていくものもなかったんですね。
とりあえず近くの西松屋に大慌てで買いに行きました!

商品多くて悩みます。
安くてついつい「これもあるといいかな・・・」とカゴに入れてしまう・・・。

結局欲しいようなものがなかなか見当たらず。

トレーナー生地はまだ早そうだし、カーディガンだけというのもスースーする気がするし、シャツは伸びないし・・・と悩みまくり。
とりあえず購入したのがこちらのカットソー生地のシャツとパジャマです。

禁断の白ですが(汚れすぎる!)まあ、そんなに泥んこして遊ぶこともできないだろうし、襟が可愛いと喜びそうなので決めました。
袖が広くて前開きで合わせやすそうなものが見つかって良かったです。

 

西松屋で一緒に買った靴下。3足で599円!安すぎ!色も可愛いです。
ちょっとでも元気を出して通園できるように、長女好みの女の子らしい系をチョイス。結構時間を使ったので慌てて帰りました。

 

思ったより元気でしたが、夕方からは具合も悪くなり夕飯時にはグズグズのピーク。

 

痛いよね。甘えたいよね。

 

夕飯の一品、子供達の好きな「ごぼうと人参の唐揚げ」

 

これを食べようとした時、長女がふてくされながら

 

「人参は柔らかいから持てるけど、ごぼうは固いから持てない」

 

「え!?」と心で思いましたが(笑いましたが)「そうだよね〜」と共感してごぼうは食べさせました。

人参は確かに自分で持って食べていました(笑)


「豆腐も柔らかいから食べられるけど(結局小さいの2個、1丁くらい食べました)スプーンは固いから持てない」

「バナナとおいもは食べられるけど、ご飯はお箸が固いから食べられない」

 

と言う主張でした(笑)

 

もう、きつくてなんだか分からないんだと思うんですよね(笑)

 

それにしても判断基準が面白すぎて、思わず笑ってしまいましたけど本人は真剣なので寄り添って食べさせました。

甘いのかもしれませんが、こんな時には食べられるものをしっかり食べて、しっかり甘えさせてあげたいと思います。

お昼もカレーをお代わりしていたし、朝もパンをお代わりしていたので食欲はしっかりあるのがありがたいです。

 

この頃お気に入りの乳・卵不使用パン

スーパーで購入できるのでありがたいです。

子供には厚めなので半分にスライスして食べています。

長女はそのまま何もつけず、次女はトーストするのがお気に入り。
卵・乳不使用のパンも何種類かありますが、それぞれに風味や食感が違うようで、このパンならこれ、というお気に入りの食べ方があるんだそうです。
面白いです。

ごぼうと人参の唐揚げは、かなり適当なのですが

・麺つゆに1時間以上漬け込む(気分でニンニクなども入れることあり)
・水分を拭き取って片栗粉をしっかりまぶす
・フライパンで揚げ焼き

と言う簡単メニューです。
簡単で美味しいのでオススメです^

大人は塩や塩胡椒を振って、子供はそのままボリボリ食べています。

早く元気にな〜れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。