アレルギーを楽しむ子育てin福岡     Happy allergie life
2016年7月3日

次女の蕁麻疹 夏の汗と寒天粘土

今朝、次女に蕁麻疹が出ました。
IMG_20160702_093235.jpg

次女のアレルギーは卵(クラス6)乳(クラス3)ナッツ、大豆、バナナがクラス2・・・くらいです。

アトピーも長女に比べるとひどくなく、肌は弱いのですが気をつけていればそこまで大変なことにはならずにやってきました。

次女は過去に一度、全身に蕁麻疹が出て、四肢と耳まで腫れ上がって病院に駆け込み注射したことがありました。
(結局原因は不明、私はその時近くで食べていたチョコレートがほんの少し付着してしまったのではないかと考えています)

なんだかバタバタしてあまり構ってあげられず、ついに泣き出した次女。

暑かったのか掻き出していたので、涼しくして寝かせようと寝室に夫が連れて行きました。
その時から顔が赤くなっていて、夫は気にしていましたが、暑い時やお風呂上りには出ているレベルだったのでそのまま寝かせることに。

数分後、夫に呼ばれて行ってみるとこんな状態でした。

肌が腫れてボコボコになっていて、画像では分かりにくいですが目も腫れていました。

もうちょっと気にしてあげていれば
気持ち悪くて泣いていたのかもしれない
もうちょっと汗を拭いてあげていれば良かったのかもしれない
ちゃんとクーラーをつけていれば良かったのかもしれない

トイレでおしっこやウンチもできる、もうほとんど文章でたくさん喋る、お箸で食べたりなんでもお姉ちゃんと同じことができる次女。

お姉ちゃんと同じように思ってしまうけど、まだ1歳なんだよね・・・・

きつそうにぐったりしているのを見て、心から反省。

長女の時もそうでしたが、ふと気を抜いていた時、ちょっと目を離してしまった時、まあ大丈夫かな・・・と心のどこかで気になっているのにそのまま進めてしまった時・・・
思い返すと、蕁麻疹や何か病気をした時には私の慢心があったように思います。

そういえば、毎年夏の始まりには何か酷めの蕁麻疹が起こります。
長女の時
20140908_172509.jpg
この時は寒天粘土を触った手で目をこすってしまったのでした。
成分としては大丈夫なもので、使っていて問題なかったのですが、ちょっと目を離した隙に手でこすっていたみたいです。

その後は目の腫れが残りました。今回の次女の蕁麻疹のようす、皮膚感がこの時によく似ていました。
20140908_174440.jpg
手の皮は厚いので大丈夫でも、目の周りなど皮膚の薄いところでは反応が出るんだと病院で教えて頂きました。

そして、多分だけれど、防腐剤か何かに反応したのではないかと。それ以外は天然の成分で問題ないものばかりだったんです。

気を引き締めてやっていかないといけないと毎年、こういうことが起こり思い直します。

冬に調子が悪くなることも多いアトピーですが、我が家では夏の方がとても調子が悪いです。
やっぱり汗が大敵!

次女のことでも思い返すと、暑くて汗をかく→泣いて涙の塩分と混ざる→掻いてしまって蕁麻疹・・・
ということなんじゃないかと勝手に思っています。

とりあえず、自分たちが「まだいいかな〜」と思っても、早めにクーラーをつけてあげて、こまめに汗を拭く、涙も拭く。

1日に何度もシャワーもしているのですが、顔まわりは特に気をつけようと再認識しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。