アレルギーを楽しむ子育てin福岡     Happy allergie life
2017年12月26日

2017年 卵乳小麦アレルギー対応 イチゴとりんごのクリスマスケーキ

2017年クリスマスどうお過ごしでしたか?

子供たちも楽しみにしていたクリスマスケーキ!
今年はアレルギー対応のケーキのバリエーションもとても増えていて選ぶ楽しみもたくさんでしたね!

 

我が家でもクリスマスケーキ悩みに悩んでいましたが、家族で意見が割れてしまい、結局

「ママの作ったケーキが良い!!」という子供たちのうれしい一言で手作りケーキに決めました。

色んなアレルギー用のケーキも試してみたかったのですが、また来年の楽しみにしておきます!!

 

購入された方いらっしゃったらコメント下さるとうれしいです!

 



 

ところが、クリスマス前日から私が高熱でダウン‥…

 

動けないってもどかしいですね!

もっとこうしたい、ああしたいと思っていたクリスマスの準備も、全くできない状況。

家族に手伝ってもらいなんとか楽しいクリスマス会ができました。

飾り付けや買い出し、サラダやパスタなどを作ってもらい、私はなんとかチキンとケーキを作りました。

 

子供たちも飾り付けを作ったり、ケーキ作りを手伝ってくれたり、今年はクリスマスイブが休日で本当に良かったです!
私の看病から子供たちのこと、買い出しまでフルで頑張ってくれた夫には本当に感謝☆

 

さて、2017年のクリスマスケーキは「いちごのムース」の予定でした。

ところがイチゴが3軒スーパーをまわってもない!!

 

クリスマスにはイチゴがいい!!と言っていた娘たち。

 

4軒目でなんとか5粒のイチゴをゲットしてきてくれた夫。

イチゴも前日までに用意しておかないといけませんね。反省。



 

5粒のイチゴではムースは難しいので、急遽家にあった「リンゴのムース苺乗せ」に変更しました!

卵、乳、小麦なしでもとってもおいしく、柑橘系以外のフルーツは何でも対応できる超簡単我が家の定番ケーキです。

 

*今回、土台に小麦のビスケットを敷きましたが、アレルギーの方は食べられるものを使用して下さい。
我が家ではずっと土台はなしで作っていました。土台無しのムースもふんわりして美味しいです。

ビスケットの代わりにスポンジケーキでもおいしいですよ!

かなり適当ですがレシピ載せます〜!あまり甘過ぎない分量かな?と思います。
土台が必要ない場合、ビスケットと油、手順1〜3はのぞいて下さい。

 

<りんごのムース レシピ>

  • りんご1個(今回は180gでした)
  • レモン汁 大さじ1
  • 甜菜糖  30gくらいお好み(今回は32gでした)
  • ゼラチン 8g
  • 水(ゼラチン用) 大さじ3
  • 豆乳ホイップ  200ml
  • ビスケット、油  適量(無しでも可)

 

〜〜〜土台作り〜〜〜

  1. 今回はこのビスケットを使用しました。
    袋に適量をいれて砕きます。

    *子供たちが張り切りすぎると袋が破れます!
    (我が家では粉が出てきてしまいました)

  2. このくらいよりもっと細かくなったら(その画像がなくてすみません‥…)油を入れてまとめていきます。

    *ここでも子供たちは張り切ってもみもみしすぎるので破れないように注意です。(我が家は破れました)

  3. 型に敷き詰めて冷やしておきます。
    しっかりぎゅっと敷き詰めておくのがきれいに仕上がるポイントです。
    ラップなどを使うと便利です。
    ポロポロしているようであれば、油を追加してまとめて下さい。

    〜〜〜ムース作り〜〜〜

  4. リンゴの皮を剥いてすりおろします。(ミキサーでも何でも細かくなればいいです)
    レモン汁、甜菜糖を入れてレンジで加熱します。
    ゼラチンは分量の水でふやかしておきます。
  5. 温かいうちにゼラチンを入れてよく溶かします。
    常温になるまで置いておき、かけたい場合ミキサーにかけます。
    (ミキサーにかけた方がきめ細やかにふんわりしますが、粒がある方がお好きな場合はミキサーにかけなくても美味しいです)
  6. 豆乳ホイップを7〜8分立てくらいに泡立てます。
  7. デコレーション用のホイップを少し残しておきます。
    それ以外のホイップを5のボウルに入れふんわり混ぜます。
    冷やしておいた土台入りの型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます。

 

デコレーション用ホイップに甜菜糖やバニラエッセンス適量を加えて角が立つまで泡立て、お好みのデコレーションをして完成。

 

 

側面にラップの跡がついて汚いのですが、我が家のケーキはこんな感じでした。

少量のイチゴをなんとかたっぷり見せたい!というデコレーションです!

クリスマスっぽい飾りをもっと加えたかったのですが、今年はここで断念!!

 

ムースはイチゴの場合、200〜250gくらいです。潰して加熱します。

*通年手に入るものでオススメなのは「桃の缶詰」です。
桃の缶詰の場合、もともと甘いので甜菜糖の量は調節しています。

 

7:ホイップクリームと混ぜた段階の味がそのまま完成の味ですので、
そのタイミングで味見をして甘さの調節をされるのをオススメします。

フルーツの個体差もありますので、お好みで調節してみて下さい。

 

*柑橘系の場合、豆乳ホイップが分離しますのでオススメしません。
デコレーションに飾ったりするのがオススメです。

 

☆思い立ったらすぐにできる簡単ムース☆

 

ブログに載せたいな〜と今回初めて計量しましたが、いや〜適当に作っていたので決めるのが難しかったです!
レシピをきちんと載せていらっしゃる方は本当にすごいです!

適当レシピで何度も作っていますが、ほとんど失敗無しです!
簡単でオススメですよ〜^^






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。