ファーストシューズ(次女)ベビーフィートとアティパスの違いは?口コミも

ベビーフィートとアティパスの違いと口コミおすすめのファーストシューズ



ベビーフィートとアティパスの違いとは??

 

立っちデビューのファーストシューズ

1歳前にそろそろ伝い歩きを始めた次女。

お姉ちゃんについて公園に行くことも多く、抱っこやベビーカーからおりて
同じように砂遊びをしたがるようになりました。

「靴ないけどいいか〜」と座って遊ばせていたところ、なんと靴下のまま砂場で立とうとしていました!

二人目、無駄なものは買いたくない。
でも裸足や靴下のままという訳にもいかない。

もっと歩けるようになれば長女が使用していたファーストシューズがあるため、
この時期に何を買えばいいのか・・・と色々悩みました。

ファーストシューズに求めるもの

 

ファーストシューズミキハウス

広い履き口が便利なmikihouse/ファーストシューズらしい色合いもかわいい

 

  • 立たない:足を保護、見た目の可愛さ
  • 立つけど歩かない:足を保護、補助的な要素があればなお良い
  • 立って歩く(ヨチヨチ):足の保護、機能面、歩きやすさ
  • 立って歩く(しっかり):足の保護、機能面、挫きにくい

などなど

子供の月齢によって、ファーストシューズに欲しい機能は様々です。

ヨチヨチ歩きで購入!長女のファーストシューズ購入で重視した点

長女の場合、ファーストシューズの必要性を感じたのは
「ヨチヨチ歩けるようになってから」でした。

生まれた季節と抱っこが好きだったもあると思うのですが、
「しっかり歩ける、小さな足の負担にならない」ことを重視した靴選びをしました。

しっかり歩ける機能満載「アシックス SUKUSUKU 」ファーストシューズ

 

花柄がかわいく、性能もバッチリ。
しっかりしていて歩けるようになってからも重宝したアシックスです。
こんなに小さいのに「しっかりスニーカー」

アシックスsukusukuファーストシューズ

控えめな花柄がかわいく合わせやすい/アシックスsukusuku

 

SUKUSUKUシリーズは縫い目などの
肌への考慮や、安定しない歩行に対しての機能性、つま先が上がっていること
(この重要性を使用してすごく感じました!)履かせやすいオープン構造…

まるで裸足のような感覚で使用できるオススメのファーストシューズです。

 

小さな足に初めて履いた時、
「こんなに大きくて重そうでいいの??」と少し不安になりましたが、
本人はとても嬉しそうに、そして足取りがしっかりしたことに驚きました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4374円(税込、送料別) (2019/9/7時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4095円(税込、送料別) (2019/9/7時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4095円(税込、送料別) (2019/9/7時点)

楽天で購入
 
 

「広く開く」ことが履かせやすさに重要

 

広く開くので履かせやすい/2本のベルトでしっかり足首も固定

 

▷かわいくて機能的

実際に使用したベビーシューズ
記事
はこちらから

 

次女のファーストシューズにベビーフィート(アティパス)を購入

ベビーフィートとアティパスの違いと口コミおすすめのファーストシューズ

悩みに悩んだ結果、長女の時から気になっていた「ベビーフィート」を購入することにしました。

  • 足を保護できること
  • まだあまり歩かないので軽いものがよい
  • 歩き始めたら長女のお下がりがあるので、違う用途のものが欲しい…


こんな感じの理由からでしたが、購入する際に気になるのが「機能面」
履いていて危ないことは避けたいことと、子供が嫌がって履かなければ使えないためです。

 

アティパスベビーフィートの違いと口コミ新色

大人気のコサージュに大人っぽい新色登場/合わせやすいシンプルカラー

 

アティパスベビーフィートの違いと口コミ新色

シンプルかわいいtie/主張しすぎず合わせやすい

 

気になるベビーフィート、アティパスの機能面は?靴として使える?

ベビーフィートを購入しようとお店で見てみると、思っていたよりも「靴下感」が強く
「靴として使えるのかな?」と少し不安になりました。

  • 靴下みたいだけど破れない?
  • ちゃんと歩ける?
  • 締め付けが痛くない?
  • 滑らない?

 

などなど、心配性のため色んな不安が。
ただ、これだけ人気の商品で売れているのには訳があるはず!


何より「かわいいので買いたい!」と調べてみると機能面もしっかりしていることがわかりました。

 

 

 

attipas & babyfeet の特徴1

 

 

 

 

 

 

とっても便利で超重宝!アティパス(ベビーフィート)の口コミ 

  • 洗えるので清潔

  • 室内でも歩く練習ができる

  • お出かけの時に靴下を探さなくていい
    (これは意外と一番便利!)

  • 軽くて持ち歩きやすい

  • 外で履かなくなった後は、
    しっかり洗って室内履きにできる
    (幼稚園の付き添いなどで重宝しました)

  • 結構しっかり歩ける 
  • 嫌がらなかった

 

使用してみてわかったのですが、しっかりつま先が上がっているので躓きにくく、
底のラバーのおかげで滑ることも少なそうでした。

靴下感が強いことと底が広くなっているためか、
「靴を履いている」という印象がないようで
あまり嫌がらずすんなり履いてくれたことも驚きでした。

親目線の感想としては「洗える」「持ち運びが軽い」「靴下いらず」という点がとてもよかったです。
思っていたよりも靴下部分がしっかりしていて、結構公園でも遊びましたが引っ掛かりは起きませんでした。

お出かけの時「靴下〜!」と小さいあんよに履かせる手間がなくなったのも嬉しかったです。

attipas & babyfeet の特徴2

 

   

 

 

 

ベビーフィートとアティパスの違いとは?

似ているけど違う?ベビーフィートとアティパスの違いに悩む


ベビーフィートを検索していると、似たような商品で「アティパス」があることがわかりました。
ブランドや商品のデザイン、作りや素材の違いかと思いましたが、とても似ていて益々わからず。

  • できるだけ良いものを選びたい
  • なるべく安全なものを選びたい
  • 違いが知りたい

どちらでも良いような気がしつつも、気になって仕方がなくなったため、
アティパスを取り扱っている会社に問い合わせをしました。

ベビーフィートとアティパスの違いはOEMであるということ
要するに作りは同じもののよう

 

  • 「Attipas」→世界30カ国で販売されているブランド。日本では公式代理店が卸をして販売している。サイズがS〜XL

  • 「ベビーフィート」→「Attipas」のOEM商品。日本の会社が発注、製造をしている。サイズがMとL

  • 商品は同じ生産ラインで製造されている。

  • 商品パッケージやデザインはそれぞれに違うが、製品としては同じと考えて良さそう。

 

結果このような感じで、商品の機能面などは同じようでした。
サイズ展開やデザインで選んで良さそうです。

 

「ベビーフィート」

サイズは11.5cmか12.5cmの2種類/シンプルカジュアルなデザイン、フォーマル系が多い印象

 

「アティパス」

サイズがベビーフィートよりも多い/おしゃれで華やかな物が多い印象/ Sサイズ 10.8cm/ Mサイズ 11.5cm /Lサイズ 12.5cm/ XLサイズ 13.5cm

attipasには専用インソールがあります/大きめサイズの調整にも便利

 

ベビーフィート「フォーマルネイビー」を購入


次女用に「ベビーフィート・フォーマルネイビー」を購入しました。

 

ベビーフィートアティパスの違い

babyfeetフォーマルネイビー/シンプルでかわいらしい

 

 

当時、次女の裸足サイズが10.7cmでしたので、11.5cmの商品を購入。
履いてみるとサイズもちょうど良く、嫌がることもなく喜んでいました。

ちょっと大きめ・・・?なのかしその後もしばらく履けました。

ベビーフィートアティパスの違いと口コミ

おおよその寸法を測ってみました

ベビーフィートアティパスの違いと口コミ

ベビーフィートを買ったのですが、attipasと買いてあります…

 

ベビーフィートとアティパスの違いと口コミおすすめのファーストシューズ

履いてみるとこんな感じです/ 主張しすぎず合わせやくお気に入り♫

 

最後に感想


私はベビーフィートとアティパスが大好きです。
靴下感に悩んでいる方や「ベビーフィートとアティパスって何が違うの?」と私のように不思議に思われている方にオススメしたい気持ちで記事を書きました。

「長女の時にも買えばよかった!!」と思うほど、ベビーフィートは次女との生活に欠かせないものであり、毎日をスムーズに快適に過ごせる相棒でした。
履けなくなった今でも捨てることができずに取ってあるほどです。

画像をみると「こんなに小さかったんだな〜」と切なくなってきます。
子供の成長はあっという間ですね。

当時、2歳の長女と0歳の次女の育児にてんやわんや、ちょっとのお出かけにも手こずっていた私。

「さあ用意できた!」と出発しようとすると長女が寝てしまったり、次女のオムツ替え&総着替えになったり。
出かけている時間と用意している時間とどっちが長かっただろう…?とヘトヘトになることも多かったような気がします。

そんな中でベビーフィートは「靴下を履かなくてもいい」という、たったその些細な1点が、お出かけ前の玄関で、
とてもとても私の心を楽にしてくれていました。(めんどくさがりすぎですが…)

コロンとしたつま先と柔らかい靴下部分。
シンプルなデザインからフォーマル、おしゃれなデザインまでたくさん選べるベビーフィートとアティパス。

調べれば調べるほど、赤ちゃんのことを思い作られてたものだとわかりました。
直接お店に問い合わせをして、企業の方から商品にかける想いを聞けたことも大きかったと思います。

今でもお店でみるとキュンキュンしてしまう大好きなファーストシューズ。
子供の成長はは嬉しくもあり、寂しくもあり…。

それぞれのお子さんに合った、元気に安全に楽しく過ごせるファーストジューズが見つかるといいなと思います。

おすすめのお店

ベビーフィートとアティパスの取り扱いがある実店舗は増えてきましたが、
多くのデザインを一度に見比べるのにはネットが便利でした。

商品の品揃えが多く、サービスの良さとラッピングなどでオススメのお店です。

ナチュラルリビング ママ*ベビー

 


見ているだけでワクワクしてくる、かわいベビーグッズがたくさんです。
知りたい情報がわかりやすく整理されていて、見た目も可愛いショップです。

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

1st-KAGU

知育玩具やキッズ家具などの品揃えが豊富なお店です。
おしゃれで可愛い子供家具や木製おもちゃも見ていて楽しいです。

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

 

楽天で購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください