乳卵アレルギー OK!個装ふりかけと市販品のお弁当おかず

毎日のお弁当作りを簡単に!
乳・卵アレルギーでも食べられる市販品お弁当おかず

入園・入学・新生活 お弁当作りは結構時間がかかる

長女が幼稚園に入園してから3年間。毎日お弁当を作ってきました。
小学校に上がり、代替え食を作ることはあっても毎日のお弁当作りがなくなった今、
とっても楽になりました!

園児用のお弁当はとても小さく、なぜこんなに時間がかかるの!?と
自分でも不思議に思いながら毎日お弁当を作っていました。
前日に下ごしらえしていても、なんだかバタバタしてしまっていました。

食物アレルギー食事作りの手際

私の手際が悪いのはもちろんですが「アレルゲンの混入に注意しながらの調理」というのは、
結構時間がかかるような気がしています。

我が家の場合、夕飯はみんなで食べられるように乳や卵不使用、
もしくは後乗せや途中から分ける調理などで作ることが多いのですが、
朝食はそれぞれが食べたいものがバラバラのため統一はしていません。

娘たちのアレルゲンは同じなので子供用の食事は統一していますが、
大人用のパンやおかずには牛乳も卵も使用しています。

その都度手を洗うので、手洗いの回数が多いのはもちろん、まな板や
調理器具の洗浄やコンタミを考えてアレルゲンを使用しないメニューから順番に作るようにしています。

全て除去すれば危険は少ないのかもしれませんが、食べられる人は食材から栄養を
取った方がいいかなということとと、全く家から除去してしまった場合、
アレルゲンに対する免疫がより敏感になってしまうのでは??と。

そんな素人考えからなのですが、朝食、お弁当と毎日バタバタしています。

忙しい朝の時間を短縮できる!市販のおかず

手作りのお弁当やおかずが一番美味しくって、安心!
子供も慣れた味で安心して食べることができますね。

でも全部手作りというのは中々難しい…。

ハンバーグやチキンナゲットなどお弁当のメインに使えそうなメニューは
手作り冷凍食品にしてサッと使えるようにしています。
野菜は前日のおかずを取り分けておいたりしていますが、
それだけでは中々埋まりません。

年長になると「彩り、かわいさ、野菜の量」にも意見してくるように!
園では頑張って「野菜も食べられる」というところを見せたいようでした。

ちょこっと埋めるのにオススメ!
イオンなどスーパーで手軽に買えて重宝している卵乳不使用お弁当おかずのご紹介です。


乳なし、卵なし、スーパーで買える手軽な市販品

イオンで購入した乳・卵不使用品(原材料はその都度ご確認ください)
「あと一品足りない!」という時に重宝している加工品です。

プーさんのキャラクターかまぼこは他のキャラのものもあります。
卵・乳不使用で可愛い食品はあまりないので飾りに重宝しています。

画像を撮り忘れましたが、こちらもよく利用しているおかずです。

  • 定番ポテト系

 

  • 大好きミートボール(イオンオリジナル?のものでも食べられるものがあります)

 

  • 日本ハムみんなの食卓シリーズ(取り扱いスーパーが増えて嬉しい)

 

  • ウインナー、ソーセージ
    (ウインナーは結構食べられるものが多いです。
    おさかなソーセージはカルシウムが入っているのも乳アレルギーっ子にも嬉しいです)

 

恥ずかしながら…
いつかのお弁当です。
ミートボールは手作りしましたが、ソーセージは丸ごと入れてますね!

こんな感じで使っています。
長女はとにかくポテトが好きです。
次女は加工品があまり好きではないようですが、焼売は食べます。

乳・卵不使用のふりかけ 個装のものが少ない

乳・卵不使用の個装ふりかけ、なぜ少ない?

おべんとうのお供、ふりかけ。
もともと乳・卵不使用のふりかけは、あまり種類が多くありません。
ふりかけには乳糖が入っている場合が多く、乳糖をクリアできていれば
食べられるものは増えるのかもしれませんが、娘たちはまだ食べることができません。

中でも個装になっているふりかけは、食べられるものと食べられないものが
セットになっていることが多いためコスパがあまりよくありません。

例えば子供たちが大好きなアンパンマンふりかけ

おかか・さけ・たまご・やさいの4種類がアソートになっています。
この中で現在、乳・卵不使用なのは「おかか」「やさい」の2種類です。

>>アンパンマンふりかけのアレルギー情報はこちらから

パックの中の半分を食べることができないのはもったいない…。

大袋の乳・卵不使用ふりかけ

そのため愛用しているのは大袋の乳・卵不使用ふりかけです。
(原材料はその都度ご確認ください)

この他にもたくさんあると思いますが、我が家では家族の好みでこんな感じです。

  • さけ入りしそわかめ:夫と次女が大好き、生タイプのわかめが美味しい
  • のりごま:娘たちが大好き、ごまと海苔の香ばしさが一番好み
  • ゆかり:長女が大好き、素朴な美味しさ
  • A-Label:初めて買ったふりかけ、安心

この他にも、ごましお、おかか系、のりごま系にも食べられるものが多い印象です。

大豆・ごまも不使用!アレルギーの味方「A-Label(エー・ラベル)」ふりかけ


その中でも、食物アレルギーに対応した商品として有名なのが「A-Labelふりかけ」

我が家のふりかけデビューもこの商品でした。
当時、長女は大豆も除去中、アレルギー反応もとても敏感だったことから
大豆不使用、アレルギー対応の商品の A-Label を購入しました。

A-Labelはふ「ごま」「大豆」も不使用です。
ごまアレルギーの場合、除去がとても難しというお話を聞いたことがあります。
「ごま」「大豆」といったふりかけによく使用される材料を使用せず、
製造過程においても混入に注意して生産されている気遣いに感動しました。

>>A-Labelふりかけの詳細情報はこちらから確認できます。

個装の乳・卵不使用ふりかけのオススメ①お試しで味を確かめる

「小さい袋のふりかけを持っていきたい!食べる時にかけて食べたいよー!」と
長女が言い出したことをきっかけに、個装のふりかけを探すことにしました。

「A-Labelふりかけ」の個装はココスの低アレルゲンメニューで知っていたのですが、
店頭での販売は大袋しか見つけられなかったため、インターネットで購入することにしました。

味の好き嫌いが分からなかったので、まずお試しを購入してみることにしました。

[オススメはこちら]

色んな味が入っていて送料無料。
10袋で270円位の価格もお試しにぴったりでした。

 

個装の乳・卵不使用ふりかけのオススメ②業務用を購入するかを検討

お気に入りの味が分かった所で我が家では業務用の購入を検討しました。

50袋で770円位、福岡の場合は送料が300円位でしたのでおおよそ1070円。
1袋あたり21円くらいです。

 

個装の乳・卵不使用ふりかけのオススメ③業務用かお試しか

結果的に、我が家では「お試し」を再購入しました。

色々な味を試してみて「全部の味が好き!」ということと、
毎日は持って行かないため一度に大量に必要ではないことからでした。

あまり好きではない味がある場合や、毎日持っていくのに個数が必要な場合には
業務用がコスパもよくオススメですよ!




業務用スーパーで乳・卵不使用の個装ふりかけを発見

業務用スーパー(ファディで購入しました)にも食べられるふりかけが売っていました。
こちらはアレルギー用商品ではなく、乳・卵不使用ですがゴマは使用されています。

50袋で500円くらいだったと思います。
主人のお弁当にも使えそうだったので購入しました。

A-Labelを持って行ったり、おかかふりかけを持って行ったり、
「食べる前にかけるとサクサクで美味しい!」と娘たちも喜んで食べています。

お弁当は気軽に作れることが一番

たまに持っていくお弁当と違い、毎日持っていくお弁当作りは「気軽に」「安全に」
作れることが一番だと思っています。

最初の頃は、子供が食べやすいように、彩り、可愛さ、安全…
色んなことを考えて毎日必死に作っていました。

喜んで食べてくれていましたが、毎日自分が大変で朝からイライラしがちだったなーと思います。
ふと「大人用お弁当の子供向け」のような簡単な気持ちで作ってみたところ、
「食べないだろう」と思っていたおかずや構図でも結構食べることがわかりました。

「添加物が…」と心配に思っていた加工品も、少し入れるくらい何も問題ないくらい成長していました。
「これ○○ちゃんと一緒だったよ〜!」と娘たちは手作り以外の市販品を食べることを喜んでいました。

「これじゃ栄養が!」と思って悩んだ時期もありましたが、朝食や夕食で足りない分は補えばいいや〜と、頑張りすぎて疲れなように、気軽に楽しく作るのが一番だなと思います。

>>乳・卵アレルギーでも食べられる外食、市販品の記事はこちらから

 

たまに頑張った日のキティちゃん
ヒゲが一番大変…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください